日新スズキ盛岡営業所

nishinn-morioka
所  在
岩手県盛岡市 
用  途
自動車ディーラー 
規  模
平屋建て 
 
建築面積: 1084.92㎡ 
 
延床面積: 873.39㎡ 
構  造
鉄骨造 
構造形式
ラーメン構造 
基  礎
直接基礎(独立フーチング基礎) 
仕  上
屋 根:ルーフデッキ
外 壁:角波鋼板貼り
サッシ:アルミサッシ 
設計期間
2013年2月~2013年8月 
施工期間
2013年9月~2014年3月 
設計監理
㈱E.M.O 
設備設計
- 
施  工
㈱明和土木 

岩手県盛岡市盛岡南新都市土地区画整理地内に建つ鉄骨造、平屋建ての店舗・事務所・自動車修理工場

おおよそ長辺16.60mx52.00m、短辺9.280mx38.75mのL型の平面形状
架構形式は、X・Y両方向ともラーメン構造
X方向6スパン、Y方向5スパンで、主用スパンはX方向:9.00m,Y方向:9.50mの計画で、最大スパン長は、柱芯間で10.50mである

X・Y両方向共にルート1-2の計算ルートを適用し、標準せん断力係数:Co=0.3として許容応力度計算を行い安全性の確認をする他、偏心率:Re≦0.15を満足する構造とした

主柱は建築構造用冷間形成角型鋼管(BCR295)、又は一般構造用炭素鋼管(STK400)を用い、柱-梁の接合部は通しダイアフラム形式とし、ダイアフラムにはSN490C材
柱脚は国土交通大臣認定を取得した露出型固定柱脚工法を採用した

大梁はSN400B材、小梁はSS400材のH型鋼を採用し、現場接合部には高力ボルト接合
屋根は水平力を伝達させる為の水平ブレースを配したルーフデッキ構造である

基礎は敷地内で行われた地盤調査結果に基づき、設計G.L-0.58以深の良好な砂礫層を支持地盤とする直接基礎を採用した